*

光 が通る部分の体積は?(2016年2日目 灘中学)

公開日: : 立体図形




—————————————————-

1辺の長さが6cmの正方形のガラス板を6枚使って、

図のような立方体の形をした箱を作り、 水平な床に置きます。

上面ABCDの部分のガラス板は、

1辺の長さが3cmの斜線部分の正方形の2辺が

箱の辺AB、ADと重なるように置かれています。

ガラス板の斜線部分は光を通さず、斜線部分以外の部分は光を通します。

点QはDの真上6cmのところにあります。

ガラス板の厚さ、電球の大きさは考えないとすると、

電球が点Qの位置にあるとき、

箱の内部で、電球の光 が通る部分の体積は何立方cmですか。

Bandicam_20160127_092036959

—————————————————-




—————————————————-

光が届かない部分は、

図のように、青い正方形の下の緑部分になります。

Bandicam_20160127_090759792

この部分の体積は、

底辺が3×6÷2=9c㎡、高さが6cmの三角柱から、

底辺が3×3=9c㎡、高さが6cmの四角すいを引いたものです。

9×6-9×6÷3=36立方cm

したがって、光が通る部分は、

6×6×6-36=180立方cm

—————————————————-




—————————————————-

682

—————————————————-

下のファミリーページにもどうぞ! ↓

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

解けるかな?算数の難問に挑戦!

大人だって解ける、受験算数

中学受験算数、分野別解法集

図で解く算数

大人の脳勝算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」



関連記事

1

公立中高一貫校適性検査問題(千代田区立九段中等教育学校 2010年)

はるきさんとゆうとさんが画集を見ています。 〔はるき〕この絵はエッシヤーという画家が描いた「滝

記事を読む

3031

くり抜いたあとの表面積は?(須磨学園中学 2010年)

図は1辺の長さが1cmの立方体を27個積み重ねてできた立体です。この立体の網目をつけた部分を面に垂直

記事を読む

bandicam 2016-07-24 10-19-53-965

回転体の体積の法則(灘中学 1970年 2日目)

記事を読む

pic_2295q

円錐の側面積は? (世田谷学園中学 2011年)

下の図は、3辺の長さが、3cm、4cm、5cmの直角三角形です。        

記事を読む

capture_2014_08_08_07_47_52_156

見ることができる面は何面?(大阪星光学院中学 2014年)

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

pic_3374q

立体図形の切り口とイメージ(ラ・サール中学 2013年)

下の図のような直方体があります。点Mは辺AE のまん中の点です。この直方体を、まず3点A,C,F を

記事を読む

pic_2825q

立方体の積み木に色を塗る(渋谷教育学園幕張中学 2012年)

1辺の長さが1cmの立方体A が20個あります。この立方体A20個を、面と面がちょうど重なるように置

記事を読む

p2270

2015年(渋谷教育学園幕張中学)何種類の立体ができる?

同じ大きさの立方体をいくつか使って、立方体の面どうしをはり合わせることで新 しい立体をつくります。

記事を読む

bandicam_20160127_092036959

光 が通る部分の体積は?(今年、2016年2日目 灘中学)

1辺の長さが6cmの正方形のガラス板を6枚使って、 図のような立方体の形をした箱を

記事を読む

1

円柱ではなくても・・・(東京都市大学付属中学 2009年)

底面の半径が2cm、高さ10cmの円柱を、図のように点A、Bを通る平面と、点C、Dを通る平面で切り、

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



    PAGE TOP ↑