*

Fは何個もらいましたか?(市川中学 2017年)

公開日: : 受験算数, 条件整理, 論理と推理




—————————————————-

35個のボールをA、B、C、D、E、Fの6人でわけることになりました。

まずAが7個もらい、A以外の5人は残りの28個のボールをとる順番を

ジャンケンで決め、勝った順に好きなだけとることにしました。

全員がボールをとったあとに、A以外の5人に話を聞いたところ

以下のように答えました。

[5人の話]

B:「残りの2/3をもらったよ」

C:「残りの2/3をもらったよ」

D:「残りの全部をもらったよ」

E:「残りの半分をもらったよ」

F:「Eより先にもらったよ」

6人がもらったボールの数はそれぞれ異なり、

また、6人とも少なくとも1個 はもらいました。

このとき、上の5人の話からFは何個もらいましたか?

2

—————————————————-




—————————————————-

Gifz

考え方と解法例はこちらに!

6082

—————————————————-




—————————————————-

682

—————————————————-

下のファミリーページにもどうぞ! ↓

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

解けるかな?算数の難問に挑戦!

大人だって解ける、受験算数

中学受験算数、分野別解法集

図で解く算数

大人の脳勝算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」



関連記事

1

正方形はいくつ?(浅野中学 2011年)

図15のように等間隔に縦5個、横5個に並んだ合計25個の点があります。これらの点から4個を選び、それ

記事を読む

617

最も大きな答えは?(フェリス女学院中学 2009年)

解法と解答例は↓2ページへ

記事を読む

bandicam-2016-09-14

色がぬられた積み木はいくつ?(頌栄女子学院中学 2011年)

図のように,同じ大きさの立方体の積み木を, 1段目に49個,2段目に25個,3段目に9個,4段

記事を読む

pic_11601q_2

一筆書きの書き方は何通りあるか(フェリス女学院中学 場合の数 2005年)

線からエンピツを離さずに、同じ線を1回しか通らないで形を描くことを一筆書きといいます。たとえば、下の

記事を読む

bandicam_20160331_070528742

何通りできますか?(今年、2016年  田園調布学園中等部)

同じ大きさの正三角形の紙を、 図のように辺と辺がぴったり重なるようにして机の上に並べます。

記事を読む

1

今年2015年に出題された問題から、(大阪星光学院中学 2015)

図のような平行四辺形があります。 斜線剖分の面積は、平行四辺形全体の面積の何倍ですか。

記事を読む

1

ひもが届く頂点はいくつ?(洗足学園中学 2010年)

図は,1辺の長さが2cmの正五角形12個でつくられた立体を机において,上から見たものです。長さ6cm

記事を読む

1

Sの字を回転させた体積は?(白百合学園中学 2010年)

1マス2cmの方眼用紙に下の図の黒い部分のようにSという文字をかいて切り取ります。この図形をABを軸

記事を読む

1

これ、ちょっと変わった問題です!(大阪女学院中学 2010年)

点Oを中心とする円があり、下の図1のようにその円の内側に球がぶつかると、いつも角アと角イが等しくなる

記事を読む

1123

見える部分の面積は?(第4回 ジュニア算数オリンピック ファイナル問題)

1辺8cmの立方体があります。この立方体の上の面の各辺のまん中の点に下の面の各頂点が重なるような大き

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



    PAGE TOP ↑