*

何秒間止まっていた?(東京都市大学等々力中学 2016年)

公開日: : 受験算数, 通過算, 速さ、時間、距離

—————————————————-

A駅から400m離れたB地点へは、

図のように長さの等しい2つの動く歩道で移動することができます。

のぶお君がA駅を出発し、B地点を目指して歩いています。

動く歩道を使わずに歩いて移動すると4分10秒、

2つの動く歩道を利用して歩き続けると3分20秒かかります。

動く歩道の速さを秒速0.8mとするとき、次の問いに答えなさい。

10311

(1)のぶお君の歩く速さは秒速何mですか。

(2)動く歩道1つの長さは何mですか。

(3)のぶお君は2つの動く歩道を利用して歩くことにしました。

一つ目の動く歩道を68m歩いたところで、くつひもを結ぶために止まりました。

その後、通常の1.5倍の速さで歩いたとき、

A駅を出発してから2分40秒でB地点に着きました。

このとき、のぶお君は何秒間止まっていたことになりますか。

—————————————————-

—————————————————-

14

図解と解法例はこちらに!
41

—————————————————-

—————————————————-

682

—————————————————-

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

解けるかな?算数の難問に挑戦!

大人だって解ける、受験算数

算数、解法のリンク集

図で解く算数

大人の脳勝算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」



関連記事

1

切り分け方は何通り?(筑波大学附属駒場中学 2012年)

大きな長方形を,二辺の長さが2cm,3cmの長方形に余すことなく切り分ける方法について考えます。ただ

記事を読む

2

短針が角を二等分する時刻(筑波大学附属中学 2011年)

午前10時30分から午前11時までの間に12時の方向と長針が指す方向とが作る角を考えます。この角を短

記事を読む

pic_3276q

石の置き方は何通り?(ラ・サール中学 2013年)

下の図1のように、 正三角形の各頂点と各辺のまん中にそれぞれ黒石か白石を置きます。

記事を読む

326

立体の表面積は?(栄東中東大選抜 2010年)

下の図1は図2のおうぎ形の弧で囲まれた斜線部分を底面とする立体です。この立体の表面積を求めなさい。た

記事を読む

1

回転体の体積比較(洛南高等学校附属中学 2010年)

図の緑色部分の図形を軸ABで回転したときにできる立体の体積は、黄色の部分の図形を軸ABで回転したとき

記事を読む

421

台形を折った角度は?城北中学 2010年)

下の図のようなADとBCが平行な台形ABCDの紙を,ABとDEが平行となるようにDEを折り目として折

記事を読む

1_4

何種類の写真があるか?(第6回算数オリンピック、ファイナル問題より)

6つの面が異なる色でぬり分けられた立方体が1個あります。この立方体を、置く面や向きを変えて、さまざま

記事を読む

3

斜線部の面積は?(麻布中学 2013年)

半径が3cmの円の周上に点Aがあります。 点Aを中心として,この円を30°回転させてできる円が

記事を読む

1

有名な魔六角陣(灘中学 2014年)

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

無題1

素数と約数(中央大学附属横浜中学 2010年)

整数 2010 について、次の問に答えなさい。 (1)2 や 3 のように、1 とその数自

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



    PAGE TOP ↑