*

何秒間止まっていた?(東京都市大学等々力中学 2016年)

公開日: : 受験算数, 通過算, 速さ、時間、距離

—————————————————-

A駅から400m離れたB地点へは、

図のように長さの等しい2つの動く歩道で移動することができます。

のぶお君がA駅を出発し、B地点を目指して歩いています。

動く歩道を使わずに歩いて移動すると4分10秒、

2つの動く歩道を利用して歩き続けると3分20秒かかります。

動く歩道の速さを秒速0.8mとするとき、次の問いに答えなさい。

10311

(1)のぶお君の歩く速さは秒速何mですか。

(2)動く歩道1つの長さは何mですか。

(3)のぶお君は2つの動く歩道を利用して歩くことにしました。

一つ目の動く歩道を68m歩いたところで、くつひもを結ぶために止まりました。

その後、通常の1.5倍の速さで歩いたとき、

A駅を出発してから2分40秒でB地点に着きました。

このとき、のぶお君は何秒間止まっていたことになりますか。

—————————————————-

—————————————————-

14

図解と解法例はこちらに!
41

—————————————————-

—————————————————-

682

—————————————————-

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

解けるかな?算数の難問に挑戦!

大人だって解ける、受験算数

算数、解法のリンク集

図で解く算数

大人の脳勝算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」



関連記事

pic_2705q

点が移動する旅人算(筑波大学附属駒場中学 2010年)

平面上に点Oと点Pがあり、下の図1のように、Oを中心とする円と、Pを中心とする円があります。さらに、

記事を読む

girl-307747_150

かくれた規則性が見つかりますか?(渋谷教育学園幕張中学 2013年)

7と8をいくつかたしていろいろな整数を作ります。ただし、7だけをたしても、8だけをたしてもかまいませ

記事を読む

1

毎年どこかの中学で出題される定番問題(慶應義塾中等部 2013年)

図のような1辺が3cmの正方形ABCDがあります。 点P、Q、R、Sはそれぞれ正方形の辺の上に

記事を読む

1

規則性をみつけて計算式を作る問題(慶應義塾湘南藤沢中等部 2007年)

図のように1m間かくの平行な線があり,線には番号がついています。いま,K君が①の線からスタ

記事を読む

ilm13_ac06005s

何分かかった?(立教池袋中学 2010年)

さとる君がサイクリングロードを自転車でスタート地点から目的地の公園まで往復したところ、2時間36分か

記事を読む

1

補助線はどこに? (大妻中学 2010年)

下の図において、AB=5cm、BD=3cm、角ABD=角CBD=60゜のとき、BCの長さを求めなさい

記事を読む

1

回転体の体積比較(洛南高等学校附属中学 2010年)

図の緑色部分の図形を軸ABで回転したときにできる立体の体積は、黄色の部分の図形を軸ABで回転したとき

記事を読む

531

重なった部分と重なっていない部分(弘学館中学 2010年)

下の図において、2つの長方形の重なっている部分(斜線部分)の面積と、重なっていない部分をすべて合わせ

記事を読む

0

三角錐の体積は?(城北中学 2012年)

図の様な長方形ABCDがあり,PとQはAB,DCの真ん中の点です。この長方形から三角形QDRと三角形

記事を読む

1

斜線部分の面積は?(明治大学付属明治中学 2009年)

図は、半径が10cmで、中心角が90°のおうぎ形OABです。おうぎ形OABのAからBまでの円周の部分

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



    PAGE TOP ↑