*

電車に追い越されたのは?(2017年 桐朋中学)

公開日: : 受験算数, 旅人算, 速さ、時間、距離


—————————————————-

A君は午後3時にP駅を出発し、線路沿いの道をQ駅まで歩きました。

電車は午後3時15分にP駅を出発し、

A君を追いこしてQ駅に到着しま
した。

A君が電車に追いこされたのは、A君がQ駅に到着する3分前で
した。

A君の歩く速さは毎分80m、電車の速さは毎分480mです。

(1)A君が電車に追いこされた時刻は何時何分ですか。

(2)P駅からQ駅までの道のりは何mですか。

(3)A君が途中から Q駅まで毎分240mの速さで走ったとすると、

  電車と同時にQ駅に到着することができます。

  走りはじめた時刻は何時何分何秒ですか。

Train_greenIlm19_aa01016s

—————————————————-


—————————————————-

14

図解と解法例はこちらに!

6082

—————————————————-


—————————————————-

↓こちらファミリーページにもどうぞ!

問題+解法のセット集→「算数解き方ポータル」

どう解く?中学受験算数

パズルのような算数クイズ

算数オリンピック問題に挑戦!

全国170中学校の入試問題と解法

これが中学入試に出た図形問題!

公式、法則、受験算数の極意

中学受験算数分野別68項目へ

解けるかな?算数の難問に挑戦!

大人だって解ける、受験算数

算数、解法のリンク集

図で解く算数

大人の脳勝算数 

難問、奇問、名作にチャレンジ!

フォト&ムービーで見る、不思議な世界 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

スマートホンアプリ「立方体の切り口はどんな形?」(ネット環境でのFlashアニメーション)

中学受験算数解法1000→「イメージでわかる中学受験算数」

—————————————————-


—————————————————-



関連記事

925

正方形内の部分面積は?(浦和実業学園中学 2010年)

図のように,対角線の長さが8cmの正方形の中に円がぴったり入っています。色のついた部分の面積の合計は

記事を読む

4141

連比の基本問題(芝中学 2010年)

A君,B君,C君の3人が同時にスタートし,100m競争をしました。A君がゴールしたとき,B君は10m

記事を読む

115zu1_2

くっつく正方形の軌跡は?(灘中学 2010年)

平面上に1辺の長さが10cmの正方形Aがあります。この平面上で面積2c㎡の正方形Bを正方形Aの周から

記事を読む

pic_1116q

柔軟な発想をしないと、これ難問!(東海中学 2006年)

  緑の三角形は、すべて正三角形です。このとき、三角形(あ)の面積は何c㎡で

記事を読む

1

空間植木算といわれる名作!(市川中学 2011年)

図のように、1本のひもがからまっています。点線の上の黒丸のところをハサミで切ったときに、このひもは何

記事を読む

1

面積比と長さの比(江戸川学園取手中学 2010年)

下の図は直角三角形ABCを5本の線によって面積が等しくなるように6つに分けたものです。(答えが整数に

記事を読む

pic_0453

正八面体の展開図は?(慶應義塾普通部 2009年)

正三角形を8枚使って、図1のような立体を作りました。 次に、A,Bのように各辺の真ん中の点を結

記事を読む

bandicam_20170715_065637936

どれが同じ面積?(2017年 筑波大学附属中学)

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

1

難しそうですが基本問題です(第11回算数オリンピック トライアル問題)

半径50cm、高さ1mの円形のテーブルに正方形の白い布をかぶせたら、白い布の4つの角が、ちょうどぴっ

記事を読む

726

水面の高さと体積は?(桜美林中学 2010年)

図1のように,直方体の形をした水そうの底に立方体のおもりを置きました。この水そうに一定の割合で水を入

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



    PAGE TOP ↑